コピペコードで快適生活

明日使えるソースを自分のために

nslookupメモ

使い方

nslookup www.google.com
Server:		192.168.135.1    # 問い合わせたDNSサーバのIP(LAN内のDNSサーバ)
Address:	192.168.135.1#53 # 上記 + ポート番号

Non-authoritative answer:    # キャッシュDNSサーバがレスしたの意味
Name:	www.google.com
Address: 216.58.197.196      # ドメインに紐づくIPアドレス

# ----------
nslookup www.google.com 8.8.8.8  # 問い合わせるDNSサーバを指定することも可能

オプション

-type
タイプ
表示内容をmx(MXレコード、mail exchange)、ns(name server)、soa(start of authority)で指定する

-port
番号
使用するポート番号を指定する(デフォルトは53)

-timeout
秒数
タイムアウトの値を設定する

-debug
問い合わせの内容を表示する

Dockerの基本的な使い方メモ

Dockerを触ることになったので、基本的な使い方をメモしておく。

用語

イメージ: コンテナのベースとなるファイル群
コンテナ: イメージから作成されたインスタンス

pullできるdockerのイメージはここから確認できる
https://hub.docker.com/explore/

基本的なコマンド

# イメージの取得
docker pull keymetrics/pm2

# イメージの確認
docker images

# イメージからコンテナを作成
docker run --name [コンテナ名] -d [イメージID] /sbin/init

# コンテナにログイン(exitでログアウト)
docker exec -it [コンテナ名] /bin/sh

# コンテナの一覧
docker ps -a

# コンテナを起動する
docker start [コンテナ名]

# コンテナを止める
docker stop [コンテナ名]

# コンテナを削除する(事前にstopしておく必要がある)
docker rm [コンテナ名]

# イメージの削除
docker rmi [イメージID]
docker rmi -f [イメージID] # 強制削除

こちらで勉強させていただきました。
https://qiita.com/butada/items/3e6cd338cb703eef64b4

Dockerfile作る

↓みたいな感じでDockerfileを作る

FROM keymetrics/pm2:8-alpine        # 使用するイメージ

ARG app_dir=/usr/src/app            # 変数の定義
WORKDIR ${app_dir}                  # 以下のコマンドをこのディレクトリで実行する
ENV DEBIAN_FRONTEND noninteractive  # 環境変数の設定 入力待ちでブロックしなくなる
ENV TZ JST-9                        # 環境の設定 タイムゾーンをJSTにする
RUN apk add --update perl           # perlのインストール(Alpine Linuxのコマンド)

# COPYでローカルのファイルをコンテナへコピー
# RUNでシェルを実行
COPY ./package.json .
COPY ./yarn.lock .
COPY ./tools ./tools
COPY ./.npmrc .
COPY ./public ./public
COPY ./ecosystem.config.js ./ecosystem.config.js
RUN touch ./public/healthCheck.html

RUN yarn install --production --no-progress
COPY build/public/assets/ public/assets
COPY build/server.js .
COPY build/assets.json .

# 以降の実行をnodeユーザで行う
# CMDはコンテナ実行時のコマンド。Dockerfileの中では1度だけ指定できる。ここではpm2を起動している。
USER node
CMD [ "pm2-runtime", "start", "ecosystem.config.js", "--env", "production", "-i", "max"]

Dockerfileのあるディレクトリで実行することで、記載された内容に基づいてイメージを作る。

docker build .

参考
http://docs.docker.jp/engine/reference/builder.html#

PostgreSQLのEXPLAINについて

PostgreSQLで重たいクエリの調査したときのメモ。

EXPLAINについて

EXPLAINは問い合わせプランを表示するコマンド。

PosgreSQLではSQL実行前に、プランナで問い合わせの実行コストを見積もり、
最小コストの問い合わせプランを算出する(問い合わせの最適化)。
問い合わせプランとは、
・どの方式でテーブルを検索するか
・複数のテーブルがある場合はどの順序や結合方式で検索するか
などを記述したもの。

実行してみる

EXPLAINと先頭につけることでコストが表示される。
cost=初期コスト..トータルコスト の意味。トータルコストの値が重要。
シーケンシャルI/Oで1ページ読み込みコストを1.0とした場合の相対値として表示。

EXPLAIN SELECT * FROM articles ORDER BY articles.id DESC NULLS LAST;
                                              QUERY PLAN
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 Gather Merge  (cost=12167.24..13390.38 rows=10636 width=1588)
   Workers Planned: 1
   ->  Sort  (cost=11167.23..11193.82 rows=10636 width=1588)
         Sort Key: id DESC NULLS LAST
         ->  Parallel Seq Scan on articles  (cost=0.00..3109.36 rows=10636 width=1588)

ANALYZE で 実際の実行時間を表示できる 。

(actual time=158.749..188.486 rows=18081 loops=1)

loopsは処理の繰り返し回数。timeは繰り返し全体の時間を表す。

EXPLAIN ANALYZE SELECT * FROM articles ORDER BY articles.id DESC NULLS LAST;
                                                                     QUERY PLAN
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 Gather Merge  (cost=12167.24..13390.38 rows=10636 width=1588) (actual time=158.749..188.486 rows=18081 loops=1)
   Workers Planned: 1
   Workers Launched: 1
   ->  Sort  (cost=11167.23..11193.82 rows=10636 width=1588) (actual time=144.924..153.350 rows=9040 loops=2)
         Sort Key: id DESC NULLS LAST
         Sort Method: external merge  Disk: 12256kB
         ->  Parallel Seq Scan on articles  (cost=0.00..3109.36 rows=10636 width=1588) (actual time=0.049..40.413 rows=9040 loops=2)

EXPLAIN演算子について

テーブルスキャン

Seq scan
インデックスを使わず。全件検索。

Index scan
インデックスを使用してスキャン。

Bitmap scan
ビットマップを使用してスキャン。
ORのときにに有効。インデックスを使って検索した結果をビットマップとして保持し、ビットマップ同士でOR演算する方式。

結合

Nested Loop
ネステッドループ結合を行う。
外部テーブルを1レコードずつ取り出し、その都度内部テーブルの全レコードとマッチングして結合していく方式。
データが小さい場合に向いている。

Merge join
ソート・マージ結合を行う。
事前に両方のテーブルを結合キーでソートし、両方のテーブルを先頭からマッチングしていく方式。→ テーブルを1回調べればよいので、テーブルの操作回数が減る。
データ量が多い場合に向いている。

Hash Join
ハッシュ結合を行う。
事前に内側テーブルのハッシュ表をメモリに読み込み、外側テーブルとハッシュ表を突き合わせて結合。→ メモリ内のハッシュ表の検索は高速。
ソートメモリが十分にある場合に向いている。

制御

・set enable_hashjoin to off を実行すると、プランナはマージ結合を選択する。
・さらに set enable_mergejoin to off を実行すると、プランナはネスト化ループ結合を選択する。

こちらのスライドで勉強させていただきました。
https://www.slideshare.net/MikiShimogai/postgre-sql-explain

http://d.hatena.ne.jp/tgk/20090114/1231927095

sidekiq-unique-jobsのunique値ごとの挙動

ちょっと古いけど、sidekiq-unique-jobs v4.0.8のunique値ごとの挙動を確認したのでメモしておく。

GitHub - mhenrixon/sidekiq-unique-jobs at v4.0.8

while_executing

同じargsは実行中にならない。
同じargsを実行しようとしたらworkerは待ちになる。後続を処理せずに待つ。
同じargsのキューはされる

until_and_while_executing

同じargsは実行中にならない。
同じargsを実行しようとしたらworkerは待ちになる。後続を処理せずに待つ。
同じargsが待機状態になっているときはキューされない。

until_executed

同じargsは実行中にならない。
同じargsを実行しようとしたらworkerは待ちになる。後続を処理せずに待つ。
同じargsが待機状態、または実行中のときはキューされない。

RailsConsoleでSidekiqジョブの状況を見る

運用していると状況確認したいときがあるのでメモ。

## 実行中ジョブ
Sidekiq::Workers.new.each do |process_id, thread_id, job|
  puts "#{process_id}, #{thread_id}, #{job}"
end

## 待ち状態のジョブ
Sidekiq::Queue.new("#{QUEUE_NAME}").each do |job|
  puts "#{job}"
end

## 削除
Sidekiq::Queue.new("#{QUEUE_NAME}").clear


## リトライ待ちのジョブ
Sidekiq::RetrySet.new.each do |job|
  puts "#{job}"
end

## 削除
Sidekiq::RetrySet.new.clear


※参考にさせていただきました。
Sidekiqで実行中・待機状態・再試行のジョブを操作する

ActiveRecordで固定の日時最小値チェックのバリデーションを入れる

#
# app/models/concerns/my_app/extend_validation.rb
# 複数のフィールドに対して一括でバリデーション設定できるようにするために
# バリデーションメソッドを追加するモジュール
#
module MyApp
  module ExtendValidation
    extend ActiveSupport::Concern

    module ClassMethods
      def validates_min_datetime_gteq(*args)
        options = args.extract_options!
        args.each do |key|
          validates key, min_datetime: (options.present? ? options : true)
        end
      end
    end
  end
end

# 
# app/validators/min_datetime_validator.rb
#
class MinDatetimeValidator < ActiveModel::EachValidator
  def validate_each(record, attribute, value)
    if value.present? && value < Time.zone.parse(Settings.validation.min_datetime)
      record.errors[attribute] << (
        options[:message] || I18n.t('errors.messages.on_or_after', {restriction: Settings.validation.min_datetime})
      )
    end
  end
end

参考にさせていただきました。
www.techscore.com

www.task-notes.com

cancancanでActiveRecord::RecordNotFoundを出したくないときのパッチ

module MyApp
  module CanCan
    module ControllerResourcePatch
      def find_resource
        # もともと定義してあるfind_resourceを呼び出す
        super
      rescue ActiveRecord::RecordNotFound => e
        # エラーさせたくないので握りつぶす
      end
    end
  end
end

CanCan::ControllerResource.prepend MyApp::CanCan::ControllerResourcePatch

書き換え元のメソッドはこちら。
https://github.com/CanCanCommunity/cancancan/blob/1.5.0/lib/cancan/controller_resource.rb#L98
たぶんバージョン違うときは、違うclassのメソッド書き換えが必要。