読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピペコードで快適生活

明日使えるソースを自分のために

Vagrentの基本的な使い方メモ

準備

1.仮想化支援機構の有効化

2.VirtualBoxのインストール

3.Vagrantのインストール

4.CentOSVirtualBoxへの登録

# 例
vagrant box add CentOS_6_3 https://dl.dropbox.com/sh/9rldlpj3cmdtntc/chqwU6EYaZ/centos-63-32bit-puppet.box

※公開box: http://www.vagrantbox.es/

5.Vagrant初期設定

> mkdir -p ~/Vagrant/centos6
> cd ~/Vagrent/centos6
> vagrant init CentOS_6_3
> ls # Vagrantfileファイルが存在することを確認

テキストエディタでVagrantfileを編集する。

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|

  # Authentication failure. Retrying が出るときはパスワード指定
  config.ssh.username = "vagrant"
  config.ssh.password = "vagrant"

  config.vm.box = "CentOS_6_3"

  #コメントアウトを外す
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
end

Vagrantコマンド

# CentOS起動
vagrant up

# CentOS停止
vagrant halt

# サーバ廃棄
vagrant destroy

# boxファイルを作る
vagrant package

# ローカルのboxファイルを登録する
vagrant box add MyOS package.box

その他メモ

boxファイルの保存場所

Mac
/Users/<username>/.vagrant.d/boxes/
Windows
C:\Users\<username>\.vagrant.d\boxes\

日本語ドキュメント
http://lab.raqda.com/vagrant/index.html

Windows上でVirtualBox+Vagrant+CentOSによる仮想環境構築
http://qiita.com/hiroyasu55/items/11a4c996b0c62450940f