コピペコードで快適生活

明日使えるソースを自分のために

ssh-agentのコマンド

# ssh-agentの起動
eval `ssh-agent`

# 鍵の登録
ssh-add ~/.ssh/deploy.pem

# 鍵の確認
ssh-add -l

# -Aオプションつきでログインすると、接続先でも秘密鍵の情報が引き継がれる
# (秘密鍵をもったssh-agentも一緒にログインしてついてくる)
ssh -A hostname

# 鍵の全削除
ssh-add -d ~/.ssh/deploy.pem

# 鍵の全削除
ssh-add -D

# ssh-agentの停止
eval `ssh-agent -k`

※起動と停止でevalが必要な理由
ssh-agentコマンドを実行すると、ssh-agentを使用するために必要な環境変数の代入処理が"標準出力"される。
この代入処理をssh-agent起動と同時に実行するためevalをかませている。