コピペコードで快適生活

明日使えるソースを自分のために

Rubyでたまにしか使わないけど便利なメソッドメモ

備忘のため。随時追加していく。

Ruby

# フィールドをもつモックオブジェクトを作る
Struct.new(:name, :tel).new('hogeo', '090xxxxxxxx')
# => #<struct name="hogeo", tel="090xxxxxxxx">

# irbでeach回して処理した後、そのリストを出力させたくない
list.each do |row|
  # 何かしらの処理
end; 0 # ここで ; 0 入れる。

# getter/setterがないインスタンス変数にアクセス
obj.instance_variable_defined?('@hoge')
obj.instance_variable_get('@hoge')
obj.instance_variable_set('@hoge', 'hogehoge')

Rails

# 引数の文字列で指定した名前で定数を探す
'::MyApp::User'.constantize
# => MyApp::User(id: integer, first_name: string, last_name: 

# ハッシュにシンボルでも文字列でもアクセスできるように
hash = { hoge: 'fuga' }.with_indifferent_access
hash[:hoge]  #=> "fuga"
hash['hoge'] #=> "fuga"

# モデルやフィールドの日本語名を取得
def t_ar(model, attr = false)
  if attr
    return model.human_attribute_name(attr)
  else
    return model.model_name.human
  end
end

# ハッシュの一部をフィルターする
filter = ActionDispatch::Http::ParameterFilter.new(['email', 'password'])
filterd_params = filter.filter(params)

ワンライナー

# yaml文法チェック
cat foo.yml | ruby -r yaml -e 'YAML.load STDIN'
# クエリ文字列をURLエンコード
require 'cgi'
query.split('&').map{|kv| kv.split("=").map{|_kv| CGI.escape(_kv) }.join("=") }.join('&')