コピペコードで快適生活

明日使えるソースを自分のために

シェルのtestコマンド

シェルのtestコマンドの理解が怪しかったので、使い方をメモしておく。

#!bin/sh

# $?==0 で正常終了

# 数値の比較
## 1 == 1
test 1 -eq 1; echo $?

## 1 != 2
test 1 -ne 2; echo $?

## 1 < 2
test 1 -lt 2; echo $?

## 2 > 1
test 2 -gt 1; echo $?

## 1 <= 1
test 1 -le 1; echo $?

## 1 >= 1
test 1 -ge 1; echo $?


# 文字列の比較
## "abc" == "abc"
test "abc" = "abc"; echo $?

## "abc" != "aaa"
test "abc" != "aaa"; echo $?


# ファイルチェック
## file2が新しいか
touch file1
touch file2
test ./file1 -ot ./file2

## fileが存在するか
touch file3
test -f ./file3; echo $?

## fileが存在しない
test ! -f ./file4; echo $?

## ディレクトリが存在するか
mkdir dir1
test -d ./dir1; echo $?


# 略式 [ ]
# [ は testコマンド
# ] は [を使うためのオプション
[ 1 -lt 2 ]; echo $?


# AND条件 OR条件
[ 1 -eq 1 ] && [ 1 -lt 2 ] || [ 2 -eq 2 ]; echo $?


# if文
## 一般的な書き方
if [ 1 -eq 1 ] && [ 1 -lt 2 ] || [ 2 -eq 2 ]; then
  echo "if文の中の実行"
fi

## これでもOK
if [ 1 -eq 1 ] && [ 1 -lt 2 ] || [ 2 -eq 2 ]
then
  echo "if文の中の実行"
fi